眼精疲労に効く目薬の選び方 | 眼精疲労・疲れ目の情報サイト【疲れ目を解消する方法研究所】

眼精疲労に効く目薬の選び方

市販の目薬を購入する前に知っていたほうがいい事

目薬は使い方を間違わなければ、日々のパソコン仕事での眼精疲労、疲れ目や乾き目、目のかゆみなど様々な症状を和らげるためにサポートしてくれます。

目薬女性

薬局やドラックストアに行くと多種多様な目薬が販売されています。
市販の目薬は、短い期間やたまに使用する分には便利なのですが、長い期間、毎日のように使用する場合は成分や使う目薬の種類に注意が必要です。眼科のお医者様がも市販の目薬をあまり勧めることがない理由があるのです。

気をつけたい2成分

1つ目は目の充血用の市販の目薬の中には充血をとめて血管をちじめる作用がある(塩酸ナファゾリン、塩酸テトラヒドロゾリン、塩酸フェニレフリン)を含む目薬です。

この成分が入っている目薬を疲れ目を治す目的で使ってしまうと、目がより多くの酸素と栄養を送り込むために血管を太くしているのを、逆に血管を縮めてしまうため栄養や酸素が目に届かないようになってしまうのです。
これでは、かえって目に悪い働きをしてしまいます。

一番血管を収縮させてしまう成分が塩酸ナファゾリンであり、市販野目薬でも塩酸ナファゾリンが入っている目薬は減ってきております。また、眼科医で処方される目薬には、血管を無理矢理収縮させる成分は含まれないようになってます。

2つ目は、市販の目薬には、長い期間使用できるように、防腐剤が含まれています。主な成分としてはホウ酸、塩化ベンザルコニウム、クロロブタノールなどがあります。
アレルギー体質の方の場合、まれに防腐剤が副作用を誘発することがあり、例えば充血、アレルギー、目の周りの皮膚炎等です。ですが、防腐剤がなければ、1回1回使い切りのものでなければ目薬として販売ができないため、難しいのが現状です。
一長一短がある防腐剤ですが、眼科医が処方する目薬であれば、防腐剤は含まれていても微量ですから副作用のリスクが低くもなります。

以上のことから、市販の目薬を使用する場合は、長期間で長く使い続ける時は考えて使い、できれば眼科医から処方された目薬を使うことがいいのかもしれません。

だからといって手軽に使える目薬を使わない手はありません。成分の事をしって目薬を選べば怖いものなし。
目薬の成分を下記にまとめているので必ずではないのですが、参考程度に見てみてください!

悩み別・お勧めの市販の目薬

長期間の治療や高頻度で使用する場合は、目薬は市販品ではなく、眼科医が処方した目薬を使用することをお勧めなのですが、眼科に行くほどでもない、一時的に使うだけ、あるいは長期でもたまにしか使わないのであれば、市販の目薬はとても便利です。まずは、市販目薬の代表的な製品を紹介致します。

疲れ目、眼精疲労用

「ロートVアクティブ」や「サンテフォーカスV」、「眼涼12 」などがあります。
両者とも目の疲れを取るネオスチグミンチル硫化鉛やビタミンB6やB12、パンテノール、タウリンが配合されています。

目の乾き用

「新なみだロートドライアイ」「ロート養潤水」などがあります。
涙に近い成分や粘調性を高めて乾きを防ぐヒアルロン酸などが含まれています。

ものもらい、結膜炎用

「抗菌新目薬」「抗菌目薬EX」「抗菌アイリスα」などがあります。
サルファ剤などの静菌作用が含まれます。

目のかゆみ用

「NEWエージーアイズモイストC」「NEWエージーアイズ」「ロートアルガード」などがあります。
かゆみを抑える抗ヒスタミン剤、花粉症に対してはクロモグリク酸や、ケトチフェンなど、やはりかゆみを抑える成分が含まれます。

成分別の解説

最後に目薬に入っている成分の解説です。

疲れ目

疲れ目に効果的な成分を紹介しています。ビタミンB群やタウリン、アスパラギン酸などなど

メチル硫酸ネオスチグミン

疲れ目になるのは、目のピント調整の部分の筋肉がこっているから、この成分は目のピント調節をスムーズにして、目の疲れを和らげてくれます。

L-アスパラギン酸カリウム

細胞を活性化するには酸素が必要です。目の細胞呼吸を活性化して新陳代謝を促進し、疲れ目を和らげます。

天然ビタミンE(酢酸d-a-トコフェロール)

目の細かい神経である末梢神経の血液の流れを良くしてくれます。

ビタミンB12(シアノコバラミン)

目の筋肉の働きを高め、疲れ目を改善します。

乾燥やドライアイ

まだ原因不明なドライアイ、目に似た成分や角膜を保護してくれる成分が必要です。

塩化ナトリウム、塩化カリウム

涙とおなじような成分です。

コンドロイチン硫酸ナトリウム

目の膜である角膜を保護し、目に潤いを与えてくれます。

シェアする


眼精疲労サプリランキング

Copyright ©疲れ目を解消する方法, All Rights Reserved. サイトマップトップページ