眼精疲労の主な症状とは | 眼精疲労・疲れ目の情報サイト【疲れ目を解消する方法研究所】

眼精疲労の主な症状とは

疲れ目と眼精疲労

疲れ目と眼精疲労を、私たちは混同して使っていますが、眼科的には区別されています。両者とも症状は似ているのですが、その継続期間が異なるのです。
例えば疲れ目や乾き目、かすみ目や視力低下、あるいは目の充血などの症状が現れることは似ているのですが、疲れ目の場合は休憩したり一晩睡眠を取ったりすれば、症状が改善されます。
一方、眼精疲労の場合は、そのように簡単には改善されず、これらの症状が慢性化して改善されない状態が継続してしまいます。その結果、後述しますように、目以外の体の部位にも様々な症状が現れるようになります。

眼精疲労の主な症状

眼精疲労と言っても、その症状は様々ですし、幾つもの症状が同時に現れる場合もあります。眼精疲労の主な症状は次の通りです。

  • 目の疲れが激しい
  • 目が頻繁に乾く
  • 視力が落ちていく
  • 充血が取れない
  • 目に痛みがある
  • 目が痙攣する
  • 視界がかすむ
  • 光過敏になる
  • 頭痛がする
  • 肩や背中、首が凝る
  • 吐き気がする
  • 食欲が出ない
  • 便秘になる
  • 情緒不安定になる
  • 不眠気味になる
  • 抑鬱状態になる
  • いかがでしょうか。眼精疲労は、目だけに症状が出るわけではなく、体の様々な部位や精神面にまで影響を及ぼしてしまうのです。

    眼精疲労の原因

    眼精疲労の原因は様々です。主な原因は目の使い方が偏っていることです。特に昨今では、パソコンやスマートフォン、ゲーム機などの画面を長時間見る事で、目の筋肉に偏った緊張を長時間強いてしまうという状態になります。
    その結果、眼球を動かしている外眼筋と呼ばれる筋肉に、乳酸などの疲労物質がたまってしまい、筋肉疲労が起きてしまいます。
    水晶体も毛様体筋と呼ばれる筋肉で厚みを調整していますから、偏った使い方を続けると、やはり筋肉疲労が起き、凝った状態になってしまいます。
    また、注意したいのは、眼精疲労の原因が視力異常や病気である場合です。
    例えば近視や乱視、老眼などが進んだ場合も、眼精疲労の原因となりますし、ドライアイも眼精疲労の原因となります。あるいは緑内障や白内障が原因の場合もあります。
    これらのような目の病気が原因の場合もありますので、眼精疲労の自覚がありましたら、医師の診断を受ける必要があります。

    シェアする


    眼精疲労サプリランキング

    Copyright ©疲れ目を解消する方法, All Rights Reserved. サイトマップトップページ