疲れ目や眼精疲労、目の病気の種類 | 眼精疲労・疲れ目の情報サイト【疲れ目を解消する方法研究所】

目の病気の種類

普段はいる情報の80%が目から入るといわれています。目の病気のほとんどが目を酷使してしまう事により疲れが蓄積されて病気になってしまうのがほとんどです。病気の事をしっかりと理解して、普段の生活の中で少しでも防げるように目に良い食べ物や疲れを軽減できるような簡単な運動などを行うようにしましょう。

疲れ目・眼精疲労

疲れ目は病気ではない状態で、眠ったり、少し休憩をとれば治る状態です。この時期にしっかり目を休める習慣を持つといいのですが、疲れ目の状態が続くことで眼精疲労になります。 詳しくは>>

ドライアイ

本来目は少し涙でぬれている状態で外敵から保護されています。ですが涙腺の機能が低下するの目が乾燥してしまいます。この状態になると、目が疲れややすくなり、炎症し、傷つきやすい状態になってしまいます。ですが、ドライアイに気付かずに乾燥したオフィスなどでパソコンを使った作業を長時間続ける日々を重ねる内に、眼精疲労になっていることがあります。あなたはドライアイではありませんか?詳しくは>>

白内障

目の中の水晶体の部分が白くにごってしまい、外部からの光を散乱させてしまうので、まぶしさを感じる様になり、ぼやけて見える症状です。この病気は手術で高確率で見えるようになります。こちらも眼精疲労だと放置せずに、眼科医の診断を受けなければなりません。詳しくは>>

緑内障

目の内部の圧力があがり、目の神経にダメージを与えてしまう病気です。神経を損傷してしまうと戻すことは難しいので、早期発見、早期治療が大切です。ひどい場合は目に痛みが生じたり、頭痛や吐き気を催す場合もあります。 詳しくは>>

加齢黄班変性

年齢により目の神経を束ねる黄班の部分に異常をきたしてしまう病気です。こちらも早期発見、早期治療が必要です。 詳しくは>>

Copyright ©疲れ目を解消する方法, All Rights Reserved. サイトマップトップページ