ドライアイとは | 眼精疲労・疲れ目の情報サイト【疲れ目を解消する方法研究所】

ドライアイとは

ドライアイとは、涙を出す涙腺の機能が低下してしまい、涙で保護している目の表面である角膜が乾いてしまっている状態です。目が乾いてしまうドライポットという部分ができてしまうと、その部分は保護されていないため、傷ついてしまったり、炎症をおこしてしまったりします。
ドライアイはそこまでひどい病気ではありませんが、このドライアイによりレンズを傷つけてしまったり、病原菌がはいってしまい、目が見えなくなるほどの病気にもつながるので、気をつけることが必要です。

ドライアイの原因

3人に一人がドライアイともいわれており、いろいろな原因があります。老化現象、食習慣、ストレス、コンタクトレンズの長期使用、アレルギー、大気汚染、ブルーライト、紫外線、遺伝、生活習慣と毎日の生活の中にドライアイになりやすい原因が多くあります。

ドライアイのチェック方法

ドライアイのセルフチェック
ドライアイのチェック方法は簡単です。10秒間瞬きをしないで入れるかを試してみてください。ドライアイの場合は、目が乾燥しているので、長い間目を開けた状態にすると、痛みや乾きを感じて瞬きをしないで入れなくなります。

ドライアイにならないようにする成分

ビタミンAは免疫組織の成長にかかわる成分のため、不足すると、涙の分泌量が減少してしまいドライアイを引き起こすようになってしまいます。
ビタミンAはうなぎ、豚や鶏のレバー、あとは、緑黄色野菜であるほうれん草や小松菜、にんじんに含まれるβカロテンをとることでビタミンAを摂取することができます。とりすぎは逆に健康被害を引き起こすので、ほどほどに摂取することが大切です。
このドライアイはまだ根本的な解決方法が見つかっていないためこの病気とつきあう必要があるため気をつける事が必要です。

シェアする


眼精疲労サプリランキング

Copyright ©疲れ目を解消する方法, All Rights Reserved. サイトマップトップページ