白内障とは | 眼精疲労・疲れ目の情報サイト【疲れ目を解消する方法研究所】

白内障とは

白内障とは光を受けるレンズの役割をしている水晶体が、年齢を重ねる事で白く濁ってしまう病気です。
水晶体はタンパク質で出来ているため、卵が白身になるようなイメージと同じで長年の紫外線による影響や有害物質、ストレスなど負担がかかることで次第に変性され白くにごってしまうのです。
これにより水晶体が曇って視界がぼやっと見えるようになるのです。
これは、病気なのですが、長年使うとどのような人でも多かれ少なかれかかる病気で、治療法も確立しており、軽度の状態でしたら目薬でも進行を押さえる事もできるので、不快感を感じるようになると相談するのが大切です。

白内障

白内障への対策

年齢を重ねて白内障になる場合は、さけられないのですが、若い方で白内障にかかる方は紫外線による影響が多くなっています。
日本ではあまりサングラスをかける習慣が少ないのですが、海外では多くの方が外に出る時はサングラスをかけられます。
これは、目の中の色素として紫外線に対する耐性が弱いため、紫外線により白内障になりやすいためにかけられています。
東南アジアや日本でも白内障が増えてきているので夏の紫外線の強い時期だけでもいいので外に出る時は紫外線を防ぐメガネやサングラスをかけるようにしましょう。老化によるものは基本的には難しいのですが、酸化するのを送らせる抗酸化力のある成分を摂取する事で老化を遅らせる事ができます。目に良い抗酸化成分としては、ルテイン、アスタキサンチン、アントシアニンなどが有名です。詳しくは目に良い成分→をご覧下さい。

シェアする


眼精疲労サプリランキング

Copyright ©疲れ目を解消する方法, All Rights Reserved. サイトマップトップページ