緑内障とは | 眼精疲労・疲れ目の情報サイト【疲れ目を解消する方法研究所】

緑内障とは

緑内障は網膜部分で見た情報を脳に伝える神経に異常が起きてしまう病気です。
緑内障の怖い所が一度かかってしまうと、現在の治療法では見え方をもとに戻す方法が無い事です。
目の中には房水という液体があり硝子体とともに満たされています。
この部分が老化現象や液体の排出がうまくいかなかったりという理由で膨張してしまい、周りの視神経を損傷してしまい、脳に映像を伝える事ができなくなり、損傷した部分で見ている所が黒くかけてしまうようになります。
緑内障
視神経を治す技術が現在ないため、一度損傷してしまうと治す方法がないのです。
圧力があがったり、排出部分の機能を治したりする方法は確立されているので、早期発見が緑内障を治す鍵になります。40代になると発祥しやすい年代になるそうで、30代ぐらいから定期的に検診をうけて早期発見できるように心がける事が大切です。
網膜の損傷を防ぐ現在の手段は抗酸化成分をとることが必要です。

シェアする


眼精疲労サプリランキング

一緒に読みたい目に関係する記事

Copyright ©疲れ目を解消する方法, All Rights Reserved. サイトマップトップページ