肩こりと眼精疲労の関係性 | 眼精疲労・疲れ目の情報サイト【疲れ目を解消する方法研究所】

肩こりと眼精疲労の関係性

肩こりと眼精疲労

眼精疲労と肩こりの関係

目の疲れと同時に起こる肩こりは、眼精疲労が原因の可能性があります。
この場合は、いくら肩を揉んでも、眼精疲労が解消されなければ、すぐに肩こりは再発します。

眼精疲労を引き起こしている原因の一つに、デスクワーク時の姿勢の悪さがあります。この姿勢の悪さが頭を支えている首や背中の筋肉、すなわち僧帽筋、肩甲挙筋、棘上筋、棘下筋、三角筋、広背筋の負担を増やして肩こりを引き起こしている場合があります。
つまり背中や肩の血行不良が起きることによる肩こりです。これが酷くなると、頭痛も引き起こしてしまうのです。

このように、眼精疲労自体が肩こりの原因である場合と、眼精疲労の原因が同時に肩こりを引き起こしているのです。

また、パソコンのディスプレイを長時間見なければならないような仕事の場合、焦点を合わせる毛様体筋や眼球を動かしている外眼筋の偏った緊張が継続します。
このことが自律神経の働きを乱し、交感神経が優位になり、肩こりの原因となる筋肉の異常緊張を引き起こしてしまいます。
そして、肩こりがさらに眼精疲労を悪化させてしまうという悪循環が生じてしまうのです。

肩こりの原因である眼精疲労を防ぐ

眼精疲労や肩こりを放置してしまうと、前述のように交感神経が優位になり、筋肉が緊張した状態を維持してしまいます。
これが悪循環を引き起こしてしまいますので、目の周りをマッサージしたり、姿勢を正しくするように心がけたり、定期的に軽い運動をするなどして悪循環を予防することが必要です。
また、パソコンやスマートフォン、ゲーム機の画面から発せられているブルーライト(青色光)が眼精疲労の一因であることも分かってきました。
ブルーライトは可視光線の中でも最も高エネルギーであると言われており、目の奥で錯乱しやすい光線です。これがちらつきやまぶしさを引き起こし、目を疲れやすくしているのです。
このブルーライトによる目の疲れを防ぐには、やはり定期的に画面から目を離し、蒸しタオルで目の疲れを取るなりできれば良いのですが、それができない場合でも、ブルーライトを軽減させるディスプレイ用(あるいはパソコン用)メガネの利用も検討されるといいかもしれません。
また強い眼精疲労には毛細血管の部分まで血行をよくする事ができるアスタキサンチン配合のサプリメントが効果的です。

シェアする


眼精疲労サプリランキング

Copyright ©疲れ目を解消する方法, All Rights Reserved. サイトマップトップページ