茶クマ、黒クマ。青クマと目の下のくまには種類があります。 | 眼精疲労・疲れ目の情報サイト【疲れ目を解消する方法研究所】

茶クマ、黒クマ。青クマと目の下のくまには種類があります。

目の下のくまにはその色によって出来る原因も症状も異なります。
どのような色のくまがあり、それぞれの原因の違いはどのようなものでしょうか。

茶くま

茶くまの症状は、目の下に茶色く広がっているだけではなく、上まぶたにもおよび、目の周り全体が茶色っぽくまたは黒ずんで見えることがあります。
下まぶたの皮膚を引っ張ったりしても色が変わりません。

茶くまの原因は色素沈着から来ています。
目の周りの皮膚はとても敏感なところで、紫外線の対策を不充分な状態で太陽の光に直接当たる等が原因で
メラニンができ日焼けした状態になりますが、本来ならばその後も皮膚の新陳代謝二より薄くなるところ
新陳代謝が滞ると、色素沈着をおこし、茶色い色のシミとなります。

またアイメイクをしている場合には、簡単に落ちないアイメイク等をしている場合なども多く
クレンジングの際に、他のところよりも、力を入れてごしごしこすって取り除いている場合なども見られ
そういうことの繰り返して、肌に刺激を与える事が原因で、色素沈着を起こしている可能性もあります。

顔全体にマッサージを行ったり、リンパマッサージなどが流行りですが、目の周りは皮膚も薄く敏感なところですが
他の箇所と同じように、力を入れて毎日マッサージを習慣にしてしまうと、茶くまになる可能性があります。

青くま

青くまは、目の下に青く広がり毛細血管が見えている状態です。
下まぶたの皮膚を引っ張ると、色が薄く見えます。

青くまの原因は血行不良が原因で、目の下にある毛細血管が滞ってうっ血しますが目の下の皮膚は薄く、毛細血管の色が透けて見えやすいため、青くまとなります。
特に血行不良を起こしやすいのは、冷え性の場合や、寝不足、過労、生活習慣の乱れ、体の冷え、ストレス、運動不足などですが、デスクワークなど目を酷使したときに良く表れます。

青くま対策

原因が血行不良のため、血流をよくするマッサージや血行がよくなるサプリメント(アスタキサンチン・DHAなど)、運動が効果的です。

黒くま

黒くまの症状は、涙袋の下側の脂肪がたるんで突き出た感じになり、そのふくらみが影を作り黒く見えます。
顔がむくんだ時などには、色も強調されます。また、もともと目の下がくぼんでいる骨格の顔で目の下が陰となる場合も黒く見えます。

黒くまの原因は加齢により目の周りの筋肉、皮膚の衰えが原因でたるみがおこり、目の下がもともとくぼんでいる顔の骨格のの場合、年齢と共に,脂肪が落ちで、目の下がますますくぼんでしまうという場合もあります。
無理なダイエットをして、顔が痩せこけてしまい顔の脂肪も落ちてくぼみができ、黒くまとなることもあります。

黒クマ対策

黒クマはたるみが原因のため、リフトアップが効果的です。

(まとめ)

目の下にできるくまは、その色が茶くま、青くま、黒くまの3種類がありそれぞれ原因が異なり、茶くまは色素沈着青くまは血行不良黒くまは加齢による皮膚のたるみや、くぼみの影が原因です。

シェアする


眼精疲労サプリランキング

Copyright ©疲れ目を解消する方法, All Rights Reserved. サイトマップトップページ