レーシックの体験と簡単対策 | 眼精疲労・疲れ目の情報サイト【疲れ目を解消する方法研究所】

レーシックの体験と簡単対策

私の体験談ですが、私は小さい頃から目が悪く、二十歳には視力が0.02と、
これ以上悪くなったら、視力ってどうやって表示するんだ?!と思うくらいでした。

18歳からはコンタクトレンズに替えたんですが、どんどんとドライアイが進行し、
1時間に1回、超ドロっとしたドライアイ専用の目薬を使わないと、乾燥してコンタクトレンズが
ポロっと取れてしまう程でした。

それで、レーシック手術に踏み切ったわけですが、レーシック後には、ドライアイなんて、治っていました(笑)
コンタクトレンズの使用で、目が乾燥していただけなんですね。

疲れ目も、肩こりも治っていました。疲れ目の、意外な原因が視力の悪さにあったとは、驚きです。
そりゃ、視力の悪い目で頑張って毎日を過ごしていたら、目を酷使して疲れちゃいますよね。
目が悪いと、姿勢も悪くなって、肩こりの原因にもなります。

視力が悪い人は、ぜひレーシックを受けることをオススメしますね。
かといって、全員が手術を受けることはできないので、手術に抵抗のある方もできる、
おどろきの疲れ目対策を教えます。

私のおすすめ疲れ目対策

これ、短時間ですが、視力もあがっちゃいます。
まずは、濡れタオルを電子レンジでチンします。
やけどしない程度に冷やしたら、目の上に置いて、目をつむって目を左右、上下に動かします。
そうすると、視界はっきり、目すっきり!
ミント系のエッセンシャルオイルをタオルに少し付けておくと、もっといいですよ。

シェアする


Copyright ©疲れ目を解消する方法, All Rights Reserved. サイトマップトップページ