眼精疲労を予防するツボや栄養・グッズ | 眼精疲労・疲れ目の情報サイト【疲れ目を解消する方法研究所】

眼精疲労を予防するツボや栄養・グッズ

目を使う
眼精疲労は目の疲労がたまっていくことでなりがちです。疲労をためないようにしていけば、眼精疲労にまでなる手前で予防することができます。
普段の習慣の中で簡単にできる方法をここから紹介していきます。

■ツボや栄養、グッズで防ぐ

既に『眼精疲労に効くツボ』や『眼精疲労に効く食べ物やサプリメント』『眼精疲労に効くグッズ』で紹介しましたように、眼精疲労を予防するには目が疲れたと感じた時にツボを押すなどして目の周りの血流を良くしたり、日頃から眼精疲労に効果があるとされている栄養素を食べ物やサプリメントで摂取したり、あるいは眼精疲労の予防や目の疲労回復に役立つグッズを利用するといった方法があります。
ここではそれらのおさらいとまとめを兼ねまして、改めて眼精疲労を予防する方法をみていきましょう。

■目を温める

目を暖めてくれる専用グッズがソニーや簡易的なものまでいろいろと販売されています。ですが
専用グッズを用意できなくても、タオルを利用して簡単に行えます。50度前後のお湯に浸けたタオルを絞り、目の上に5分間程乗せるだけでも大丈夫です。

■外眼筋のストレッチ

一点を見続けることで目の筋肉が固まり緊張した状態を起こしてしまいます。
外眼筋が偏った負荷で緊張を起こさないように、ときどきストレッチをして筋肉をほぐして上げます。
具体的には、
・眼球をぐるぐると回転させる
・きつく目を閉じてぱっと開く、を数回繰り返す
・人差し指を立てて、目の前に近づけたり遠ざけたりしてその人足し指の先端に焦点を合わせて遠近を交互に見る
・近くにある物と、遠くにある物を交互に見る
簡単にできる目のストレッチなので、例えば、パソコンを1時間ぐらい集中しておこなった後は、この中の一つのストレッチを行う。という形です。

■ツボを押す

『眼精疲労に効くツボ』で紹介しました眼精疲労に効果があると考えられているツボを押して、血流を良くし、筋肉をほぐします。

■パソコンを使用するときの姿勢

パソコンを使用するときは、ディスプレイやキーボードに対して、正しい姿勢で使用できるように位置を調整しておき、常に姿勢が悪くなっていないか確認します。

■十分な睡眠を取る

すくなくとも6~7時間は眠るようにしましょう。眠ることで光を遮断した状態が、目をリラックスさせ疲労回復に繋がります。

■瞬きを思い出す

長時間集中してパソコンを使った作業を行ったり、スマートフォンや専用機でゲームなどに夢中になると、瞬きの回数が極端に減少します。その結果、目が乾燥し、目の疲労が蓄積されてしまいますので、意識して瞬きを増やすか、定期的に休憩を入れて、目を休めるようにしましょう。

シェアする


眼精疲労サプリランキング

Copyright ©疲れ目を解消する方法, All Rights Reserved. サイトマップトップページ