頭痛は眼精疲労が原因 | 眼精疲労・疲れ目の情報サイト【疲れ目を解消する方法研究所】

頭痛は眼精疲労が原因

頭痛と眼精疲労の関係

頭痛の原因には様々なものが考えられますが、眼精疲労が原因の場合もあります。
疲れ目では頭痛まで発症することは少ないですが、眼精疲労では頭痛が発症することが多いのです。
特に眼精疲労が原因の頭痛は偏頭痛と呼ばれる痛みです。これは眼精疲労が直接頭痛を引き起こすのではなく、まず眼精疲労によって首や肩や背中にこりが発生し、そのこりが頭痛を引き起こすと考えられています。
眼精疲労が起きる原因に、偏った目の使い方や姿勢の悪さがありますが、これらも肩こりを引き起こし、さらには頭痛を引き起こしてしまいます。
これは、眼精疲労も肩こりも、それによって引き起こされる頭痛も、共通しているのは筋肉の異常緊張が起きているということだからです。
また、肩こり時に筋肉が異常緊張すると、首の動脈を圧迫してしまい、頭部への酸素供給に不足が生じます。このこともまた頭痛を引き起こしてしまうのです。
このような原因で引き起こされている頭痛は、眼精疲労を取り除かない限り、なかなか改善されません。

眼精疲労による頭痛を予防する

眼精疲労による頭痛を予防するには、眼精疲労を予防することから始めなければなりません。
眼精疲労の予防方法については、別途『眼精疲労を予防する方法』で説明しますが、ここでは特に頭痛に関係する予防方法を紹介します。
まず基本は、目を酷使するような作業、あるいはゲームなどの娯楽に集中してしまいがちなときは、定期的に目を休めるように心がける必要がありということです。
できれば蒸しタオルで目を温めたり、目の周りをマッサージしたりして血行を良くしましょう。
また、オフィスでのパソコン作業が長時間続くようなときは、1時間毎に休憩を取り、遠くをみたり、軽く腕や肩を動かす運動をしたりすると良いでしょう。
それでも眼精疲労による頭痛が頻発するようであれば、もしかすると椅子の高さやディスプレイの高さと、目の高さや距離が適切ではないのかもしれません。そのために不自然な姿勢を維持している可能性もあります。
一方、目に合っていないメガネをしていることも眼精疲労による頭痛の原因になります。
また、オフィスなどでは環境を変えるのが難しいですが、空気の乾燥が原因となっている眼精疲労から引き起こされる頭痛もあります。

シェアする


眼精疲労サプリランキング

Copyright ©疲れ目を解消する方法, All Rights Reserved. サイトマップトップページ